アスファルト防水で耐久性を高める〜信頼できる防水工事〜

耐久性に優れたアスファルト防水工事の魅力 耐久性に優れたアスファルト防水工事の魅力

防水工事には種類がたくさんある

防水工事と一言で言っても多彩な方法があります。その中から一つだけを選ぶことは大変ですが、どういった防水工事が最適なのか工事の方法・特性を知っておきましょう。

信頼性があるアスファルト防水

防水工事の中には色々なやり方がありますが、中でもアスファルト防水は色んな防水工事の中で一番歴史があって信頼されている防水工法なんですよ。長い間利用されているということはその分信頼性も高くて、防水性能も高い上にコストもさほどかからないという利点があります。耐用年数もそれなりに長く、耐久性も高いので屋上の防水工事なんかに適していると言えます。もちろんアスファルト防水が完璧というわけではなくて、やっぱり定期的にメンテナンスはしないといけないですが、信頼性の部分で言えば一番と言えるんじゃないでしょうか。

防水工事の中で、最も歴史があるのがアスファルト防水です。(30代/男性/防水工事業者】

防水工事の工法の中でも、アスファルト防水は長い歴史を持つ工法です。そんなアスファルト防水についてご紹介します。

アスファルト防水の魅力

アスファルト防水は、アスファルトを含ませた合成繊維不織布をコーティングさせたルーフィングと呼ばれるシートのようなものを重ねていく防水工法です。アスファルトを含ませてコーティングされているため防水性能が高い工法となっています。また、人によって施工のばらつきも出ないため、信頼できる工法と言えるでしょう。そして、他の工法と比べてコストもさほどかかりませんし、耐用年数も長いというメリットがあります。また、以前までは工事中に臭いが発生するというデメリットも見られましたが、現在では工法内容も改善され、臭いもかなり抑えられています。 ""

最初に確認しておきたい注意点

上記にも少し触れましたが、以前に比べてかなり抑えられているものの、多少臭いは発生してしまいます。また、アスファルトでコーティングする作業は他の工法と比べると手間がかかり、工事期間もその分長くなってしまいます。さらに、露出した部分を保護するためにモルタルを貼っていくため重くなるのです。そう言った点から、木造には不向きの工法と言われています。このような注意点を最初に確認しておきましょう。

TOPボタン