防水工事を行なう際に把握しておきたい施工フロー

耐久性に優れたアスファルト防水工事の魅力 耐久性に優れたアスファルト防水工事の魅力

防水工事の作業工程をチェック

男性作業員

アスファルトの防水工事とは、どのような作業が行なわれるのでしょうか。ここでは、作業手順についてご説明します。

アスファルト防水工事の手順

下地調整

雨漏りなどがすでに発生している場合は、アスファルト防水の下地部分が劣化しているケースが多いでしょう。劣化箇所を撤去してから、新しいシートを張り付けていきますが、もしも既存のものを補修で済ませられるのであれば、部分的に膨れ処理を行なっていきます。また、この際に高圧洗浄を使って汚れをしっかり取り除くため、防水を強化することができるでしょう。

下張り

既存防水シートの上部から、ルーフィングをディスクによって固定していきます。ルーフィングとは、湿気や雨から守るための防水シートのことです。フェルト状の原紙に、アスファルトを浸透させて覆っていくのですが、この時粘着を防ぐため雲母(別名きららとも呼ばれるケイ酸塩鉱物)を細かくした粉などを付着させた防水シートを使用します。これは、水分を通さないための防水材料として最も多く使われているもので、下張り建設には重要なものです。

上張り

建設したルーフィング上に、溶解釜で溶かしたアスファルトを使って砂付のルーフィングを流しこんでいきます。また、裏に水が入り込まないよう端末シール処理を行なっていきますが、コーキングタイプとテープ状シールタイプの2種類あります。

トップコート塗布

最後に、シルバートップコートを塗布していきます。砂付ルーフィングの上張りが完了したら、ローラーを使ってトップコートを塗っていきます。その時に、ドレンや換気口、脱気筒設置部分の処理も同時に行なっておくと仕上がりが綺麗になります。

防水工事業者に任せきりにしない

アスファルト防水の作業を防水工事業者に依頼したら、作業の手順を事前に知っておくと手抜き工事をしているかどうかわかります。作業自体は全て業者にお任せするにしても、大事な工程を見落とさないためにしっかり確認しておきましょう。

TOPボタン